頭皮マッサージは育毛によい!?その理由を説明


頭皮マッサージで得られること

薄毛予防のために気軽に実践できるのが頭皮マッサージで、頭皮を柔らかくして血行を促進し、毛母細胞を活性化できます。頭皮が以前より硬くなってきたと感じたら、将来的に薄毛の原因になる可能性があります。1日数分の頭皮マッサージをすれば、柔軟な頭皮を維持できるでしょう。頭皮は指で簡単に動かせる状態が好ましく、ほとんど動かない状態にあるなら要注意です。抜け毛や薄毛に悩んでいる人の頭皮は、パンパンに張っていることが多いです。

本格的に育毛をしたいなら、プロの頭皮マッサージを受けるのが好ましいでしょう。マッサージ全般は人からしてもらうのが好ましく、自分でやると非常に疲れてしまうのです。毎日自分で頭皮マッサージをしていたら、腕がパンパンになったという人は少なくありません。育毛サロンやヘッドスパで受けるプロのマッサージは、眠たくなるほど気持ちがよいです。頭皮をもみほぐす行為はストレス解消に最適であり、自律神経を整えるメリットもあります。慢性的なストレスによる薄毛に悩んでいる人は試してみる価値があります。

血行を促進して毛根を強化させる

頭皮の血行が悪くなってくると毛根が弱くなり、髪質が全体的に痩せてきます。女性の薄毛はホルモンバランスの乱れや冷え性などが関係していることが多く、全体的に髪密度が低下するびまん性脱毛症の発生率が高いです。頭皮マッサージは毛根を強化し、薄毛になりにくい頭皮づくりに役立ちます。さらにマッサージには育毛剤の浸透を助ける作用があるので、育毛剤を使用している人は塗布後にマッサージをしてください。ただ一部の育毛剤はマッサージをしないほうが効果が高くなるタイプがあるため、取扱説明書に従って使用するのが得策です。例えばミノキシジルを配合したものはマッサージを不要とするものが多いです。

予防と治療では対策を変えていく必要がある

育毛をするうえで決めておきたいのは、予防をするか治療をするかです。将来に備えて対策をしたい人ならば、育毛シャンプーと育毛剤を使用しておけば問題ありません。育毛は髪を育てるだけでなく、髪が減らないように守る役割もあるのです。医薬部外品の育毛剤は作用がマイルドですから、髪がフサフサの状態で薄毛の予防対策として使用する人がいます。医薬品は作用が強くなる反面、副作用もあるので治療に使用されます。すでに髪のボリュームが減退している、抜け毛が増えている、といった状態なら医薬品が最適です。一般的に医薬部外品は予防、医薬品は治療を目的に開発されていますので、頭皮と髪の状態にあわせて使い分けてください。

育毛とは何らかの原因で髪が薄くなってしまったときに髪を育成させることであり、医薬品として薬局で薄毛のための薬剤を扱っていたり病院で治療が行われることもあります。