血液クレンジングって何?血液クレンジングで得られるメリット


そもそも血液クレンジングとは何か

血液クレンジングはクリニックで受けられる医療行為の1つです。著名人が「血液クレンジングを受けた」という内容をSNSで投稿したことで、注目度が高くなっています。その血液クレンジングとは、そもそもどういうものなのかという疑問を持っている人もいるでしょう。体の外に出した血液の中に「オゾン」というものを入れて、再び体に血液を戻すという行為が血液クレンジングと呼ばれています。この「オゾン」は酸素の同素体です。酸素は殺菌や漂白に使われていて、それと同じ素体である「オゾン」にも同じ効果が期待できるでしょう。

血液クレンジングを受けられるクリニックは増加しています。日本国内だけでも160以上のクリニックで血液クレンジングを受けられるようになっています。血液クレンジングは自由診療に含まれているため、医療保険は適用されません。そのため血液クレンジングを受けるときには全額負担が必要だということを知っておきましょう。血液クレンジングは1回の診療で数万円が必要なケースが多いと言えます。1回で数万円の出費が必要なので金銭に余裕のない人は、血液クレンジングを受けるのは難しいかもしれません。しかし、数万円払ってでも健康になりたい人は試してみる価値はあるでしょう。

血液クレンジングのメリット

血行の改善や免疫力の向上が血液クレンジングのメリットとなります。そのため血行不良で悩んでいる人や免疫力が低下していると感じる人は、血液クレンジングを受けてみると良いでしょう。例えば血行が良くなることで冷え性が改善できる可能性は高いです。慢性的な冷え性で悩んでいる人は、血液クレンジングの高い効果が得られる可能性もあるでしょう。他にも肩こりや頭痛といった症状の改善も期待できます。血行が悪い場合は疲労が溜まりやすく、筋肉も疲れやすい傾向にあります。血行不良が原因で日々の疲れが取れていない人も、血液クレンジングを受けることで症状が改善されるケースもあるでしょう。

血液クレンジングは血液を体外に出すため、そのときに細菌やウイルスに感染するケースがあるのではないかという不安を持っている人もいるかもしれません。しかし、現状ではそのような医療事故は発見されていません。どうしても不安な人は血液クレンジングを受ける前に医師に相談してみるのが良いと言えます。血液クレンジングは日本国内での認知度は高くないですが、海外では広く知られています。そのため海外ではアンチエイジング効果を狙って、血液クレンジングを受けている人も多いです。

血液クレンジングとは、日本ではあまり知られていないものの、ヨーロッパでは認知度の高い治療法です。やり方は、血液を少量採取して、そこに体の細胞を活性化させるオゾンを入れ、体内に戻すというものです。